macbell 〜アロマ&雑貨ショップ〜

アロマ&雑貨のお店macbell(マクベル)の情報発信と店長chikakoの日常ブログです。
店内には クリニカルアロマ製品や手作り作家さんのコーナーもあります。
(福岡市南区、西鉄大牟田線の高宮駅近く)
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 新月ローション☆彡 | main | 2015.9/11(金)愛娘22歳誕生日☆彡 >>
# アロマテラピーミニ知識☆彡
☆「アロマテラピー」ミニ知識☆

☆☆アロマテラピー(芳香療法)☆☆
心身に植物の力を借りながら穏やかにトラブルを和らげ心身の健康を取り戻す自然療法です☆彡

☆「ホリスティック」とは?☆
体のトラブルを部分だけでとらえずに心も含めた全体的なものと考えたケア☆彡
(エッセンシャルオイル(精油)の成分には薬理作用があり医療と重なる部分も多いが いわゆる医療とは異なります)
☆☆精油成分が体内へ入っていく経路☆☆
☆鼻から脳へ☆
香りを嗅ぐとその香りの成分は鼻の奥にある「嗅細胞」でキャッチされ「神経繊維」を通して脳の「大脳辺縁系」へ伝わります☆彡

☆大脳辺縁系☆
「感情や本能的な活動を支配」☆彡
この情報は「自律神経・内分泌系・免疫系」をコントする「視床下部」に伝わります☆彡

☆血液で全身へ☆
「皮膚」から吸収されて「真皮層」の「血管やリンパ管」に入るエッセンシャルオイル(精油)は親油性で分子構造が小さく「トリートメント」など皮膚から体内へ取り込まれやすい☆彡
☆「鼻粘膜・肺」からの吸収☆
自然界にある時より はるかに濃縮された状態で「安全に有効に」使用するための知識が必要です☆彡

☆☆植物にとっての香りとは?☆☆
1☆子孫を残す 2☆カラダを守る 3☆生存競争に勝つ〜など☆彡

☆☆「アロマテラピー」を成果に生かす☆☆
1☆芳香浴 2☆吸入 3☆入浴や部分浴に使用 4☆トリートメント〜など

「アロマテラピー」は時代の変化とともに よりニーズが高まっております☆彡
日々の生活にもっと手軽に「アロマテラピー」を取り入れて頂けると「心・体・人との関わり」なども良い感じぃ〜になるかもですd(^_^o)

macbellでは「安心・安全」に「アロマ」をお使い頂けます様にmacbell chikako知っている限りの「知識と情報」に加え私自身の経験をもとに皆様にお伝えしております(^_^*)
アロマ製品もmacbell chikako自身が本当に気に入って使用しているものばかり「選りすぐりのもの」を取り揃えてご提供しております(*^^*)
大学で研究されたりお医者様との共同開発の製品や自然パワーいっぱいのアロマ製品ばかりで その香りは実際にお試し頂ければご自身の本来の直感「ピピィ〜」で感じて頂けると思います(^_−)−☆

「アロマテラピー」は奥が深く香りの世界に魅了されて 今こうして健康で日々「キラキラ〜わくわく〜楽しく」過ごせているのも「アロマ」のお陰だと思って(≧∇≦)最高級〜幸せ過ぎまぁ〜す☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今日も生かされて「愛・幸せ・感謝・ありがとうございます」*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚






| comments(0) | trackbacks(0) | 02:44 | category: macbellアロマ |
# スポンサーサイト
| - | - | 02:44 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
macbell店舗案内
店舗名
macbell

店長
chikako
(NPO法人九州補完代替医療協会認定クリニカルアロマスペシャリスト)
(フランス国立ジロンド職業会議所認定福祉アロマセラピスト・福祉美容家)
(AEAJ認定アロマテラピー)
(IBTA認定パワーピアスセラピスト)
(フードアナリスト)
(整理収納アドバイザー)
(環境カオリスタ)
(まつげカールスタイリスト)

店舗住所
〒815-0037
福岡県福岡市南区玉川町12-24
フォーレストZERO 1F

macbellネット通販サイトは、こちら。
雑貨ステーション macbell -de`taro代理店-



大きな地図で見る
Search this site
Sponsored Links