macbell 〜アロマ&雑貨ショップ〜

アロマ&雑貨のお店macbell(マクベル)の情報発信と店長chikakoの日常ブログです。
店内には クリニカルアロマ製品や手作り作家さんのコーナーもあります。
(福岡市南区、西鉄大牟田線の高宮駅近く)
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 2016.12/10(土)☆彡 ☆「フラワーエッセンス」教室☆ | main | 2016.11/27(日)11/28(月)四国お遍路☆ (69〜61番)☆ >>
# 2016.12/10(土)0:10(金曜深夜)NHK総合 観ましたぁ〜(^_^*) ☆君が息子について教えてくれたこと☆
2016.12/10(土)0:10(金曜深夜)NHK総合 観ましたぁ〜(^_^*) ☆君が息子について教えてくれたこと☆ 日本の自閉症の若者(東田直樹さん☆5歳の時に自閉症と診断☆)と外国人作家(イギリス:デイヴィド・ミッチェルさん)の出会いから生まれた希望の物語☆ ☆「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」☆ 日本で8年前に出版☆ アイルランド・コクー州で作家デイヴィド・ミッチェルさんの目にとまり英訳☆日本で英語教師として8年過ごした経験があり日本語を読めたことから日本から本を取り寄せたのがきっかけとなり 現在では東田直樹さんの書いたエッセイが20か国以上で翻訳されベストセラーとなっている☆ デイヴィド・ミッチェルさんにも自閉症の息子さんがいて東田直樹さんの本を読んでまるで息子さんが語りかけているように感じたと…☆ミッチェルさんの訳した本は自閉症の子どもを持つ世界の家族に希望の灯火を灯している☆ ☆2年前放送の時も拝見し今回も感動☆ ご興味ある方は是非ご覧下さいませ〜(YouTubeでもご覧になれます)(*^_^*) NHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」☆H26年度文化庁芸術祭 テレビ・ドキメンタリー部門大賞・2015年イタリア賞シグニス特別賞受賞 初回放送☆2016.12/11(日)午後9時00分(50分) 再放送☆12/14(水)午前0時15分(50分) ☆番組内容☆ 重度の自閉症である東田直樹さんは、人と会話をすることはできないが、文字盤を使えば豊かな表現力を発揮する。世界的にもまれな存在である。24歳になり、プロの作家となった東田さんは今、自閉症のみならず、さまざまなハンディを抱える人たちがどう幸せを見つけていけばいいのか、エッセイや小説を書いている。前回の番組後、ガンを患い、自らもハンディを抱えることになったディレクターの視線で描く感動のドキュメンタリー。 ☆番組スタッフから☆ 【この番組を企画したきっかけは?】 この番組は、会話のできない重度の自閉症の作家東田直樹さんを2年前に取材した番組「君が僕の息子について教えてくれたこと」の続編です。前回の番組が、芸術祭ドキュメンタリー部門大賞を受賞した10日後、私はガンと診断されました。ディレクターである私自身が、ガンというハンディキャップを負ったのです。それが、続編を作るという、ひとつのきっかけとなりました。がんと診断された当時は、肺や肝臓にも転移し、5年生存率は5割以下という厳しい状況でしたが、大量の抗がん剤と手術を行い、1年間の闘病を経て、何とか職場復帰を果たすことが出来ました。しかし、今も治療の後遺症や再発の恐怖に苦しんでいます。もう体力勝負のテレビのディレクターはやめた方がいいのか、家族と静かに暮らした方がいいのか、色々な不安が頭をよぎりました。自分の病気とどう折り合いをつけて生きていけばいいのか、これからどんな人生が待っているのか、大きな不安にとらわれたときに、2年前に取材した直樹さんの姿をもう一度見つめ直したいと思いました。病院のベッドでも私はしばしば直樹さんの本を読んで励まされました。自閉症というハンディを自分の強さに変えた直樹さんから、私自身がたくさんのことを学べるのではないか、そしてそれは、生きづらさを抱える多くの人にとっても普遍的なメッセージになるのではないかと考えました。 【どんな番組ですか?】 東田直樹さんは、会話ができない重度の自閉症ですが、文字盤やパソコンを前にすると自分の意思を伝えられるという世界的にも極めてまれな能力を持っています。2年前には13歳の時に書いたエッセイが、同じ自閉症の息子を持つ、アイルランド在住の高名な作家デビッド・ミッチェル氏の目にとまり、翻訳され、世界30カ国でベストセラーとなりました。直樹さんは謎に包まれた自閉症の世界を明かし世界に衝撃を与えました。 それから2年がたち、直樹さんはプロの作家として、病気や障害などハンディキャップを抱える人たちに向けてエッセイや小説を書いています。この夏、私たちは直樹さんの思索の旅に同行しました。一般的なコミュニケーションを取れない自分だからこそ、救える人がいるのではないかと考え、ミッチェル氏の住むアイルランドを訪ね、自閉症の息子と出会い、その心の声に耳を澄ませました。さらには、北九州に暮らす認知症の祖母にも正面から向き合い、記憶を失いつつある祖母の幸せを見出そうとしました。ハンディキャップを抱える人は、どう幸せを見つけていけばいいのか、突然、若くしてガンを患うことになった私の視線で、直樹さんの葛藤と成長を描く番組です。私の一人称によるナレーションで番組は進行します。その部分は、俳優の滝藤賢一さんに読んでもらっていますが、ちょっとかっこよすぎかもしれません。 【番組の見どころは?】 直樹さんの圧倒的な言葉の力です。人と会話することがない分だけ、直樹さんは、自分の頭の中でさまざまな出来事をどう捉えるか、自問自答を繰り返してきました。その過程の中から生まれた言葉は鮮烈です。たとえば、番組のなかではこんな文章を紹介しています。 「僕は命というものは大切だからこそ、つなぐものではなく、完結するものだと考えている。 命がつなぐものであるなら、つなげなくなった人は、どうなるのだろう。 バトンを握りしめて泣いているのか、途方にくれているのか。 それを思うだけで、僕は悲しい気持ちになる。 人生を生き切る。残された人は、その姿を見て、自分の人生を生き続ける」。 直樹さんの孤独な決意が力強く綴られています。番組では、直樹さんの文章の朗読を、俳優の三浦春馬さんが担当しています。瑞々しさと切なさのあふれる文章と声をぜひ深く味わってください。 (番組ディレクター 丸山拓也 33歳) http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586825/ 皆様〜素敵な夜をお過ごし下さいませ〜お幸せに〜♪♪「「愛・ラブ〜」るるるん〜♪♪「愛のエネルギー」満タンにぃ〜い( ´ ▽ ` )ノ♪♪今日も生かされて日々「愛・幸せ・感謝」ありがとうございます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*  
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:56 | category: chikako |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:56 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://macbell.jugem.jp/trackback/2070
トラックバック
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
macbell店舗案内
店舗名
macbell

店長
chikako
(NPO法人九州補完代替医療協会認定クリニカルアロマスペシャリスト)
(フランス国立ジロンド職業会議所認定福祉アロマセラピスト・福祉美容家)
(AEAJ認定アロマテラピー)
(IBTA認定パワーピアスセラピスト)
(フードアナリスト)
(整理収納アドバイザー)
(環境カオリスタ)
(まつげカールスタイリスト)

店舗住所
〒815-0037
福岡県福岡市南区玉川町12-24
フォーレストZERO 1F

macbellネット通販サイトは、こちら。
雑貨ステーション macbell -de`taro代理店-



大きな地図で見る
Search this site
Sponsored Links