macbell 〜アロマ&雑貨ショップ〜

アロマ&雑貨のお店macbell(マクベル)の情報発信と店長chikakoの日常ブログです。
店内には クリニカルアロマ製品や手作り作家さんのコーナーもあります。
(福岡市南区、西鉄大牟田線の高宮駅近く)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< キャンドルの歴史 | main | macbell作家様:トミー&あかお先生のおへや様 >>
# 茨木のり子:感動の詩
 「あの人の人生を知ろう」から〜

茨木のり子(本名:三浦のり子)1926〜2006:大阪生まれ

 愛知県で高校時代を過ごし上京 現・東邦大学薬学部入学

 在学中空襲や勤労動員(海軍系薬品工場)体験:
 「餓死と空襲の恐怖が命の大切にする」感受性を育んだ

 敗戦の混乱の中で鑑賞した・シェークスピア「真夏の夜の夢」に感動し
 演劇家の道を目指す

 「読売新聞第1回戯曲募集」佳作:自作童話がラジオで放送認知されていく

 1950(24歳)結婚:この頃より詩も書き始める
 1953(27歳):詩人仲間と同人誌「櫂(かい)」を創刊
 (同誌:谷川俊太郎・大岡信など多くの新鋭詩人を輩出)
   1975(49歳) :四半世紀を共に暮らした夫死去
 31年の一人暮らし始まる  

 2年後:代表作の一つとなる「自分の感受性くらい」を出版

 (かつて戦争で生活から芸術・娯楽が消えていった時に
 胸中で思っていた事をうたいあげたもの)


 自分の感受性くらい


 ぱさぱさに乾いてゆく心を
 ひとのせいにするな
 みずから水やりを怠っておいて

 気難しくなってきたのを
 友人のせいにするな 
 しなやかさを失ったのはどちらなのか

 苛立つのを
 近親のせいにするな
 なにもかも下手だったのはわたくし

 初心消えかかるのを
 暮らしのせいにするな
 そもそもが ひよわな志にすぎなかった

 駄目なことの一切を
 時代のせいにするな
 わずかに光る尊厳の放棄

 自分の感受性くらい
 自分で守れ
 ばかものよ


 その後 弟が他界
 かつての同人仲間が1・2人と世を去るのを見送るが 孤独感をものともせず 
 
 1999年(73歳)「倚(よ)りかからず」を発表(詩への創作意欲は衰えなかった)

 
 「倚りかからず」

 もはや
 できあいの思想には倚りかかりたくない

 もはや
 できあいの宗教には倚りかかりたくない

 もはや
 できあいの学問には倚りかかりたくない

 もはや
 いかなる権威にも倚りかかりたくはない

 ながく生きてきて
 心底学んだのはそれくらい

 じぶんの耳目
 じぶんの二本足のみで立っていて

 なに不都合のことやある
 倚りかかるとすれば

 それは
 椅子の背もたれだけ


 続きは明日〜




 


 
 
  

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:25 | category: chikako本大好き |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
macbell店舗案内
店舗名
macbell

店長
chikako
(NPO法人九州補完代替医療協会認定クリニカルアロマスペシャリスト)
(フランス国立ジロンド職業会議所認定福祉アロマセラピスト・福祉美容家)
(AEAJ認定アロマテラピー)
(IBTA認定パワーピアスセラピスト)
(フードアナリスト)
(整理収納アドバイザー)
(環境カオリスタ)
(まつげカールスタイリスト)

店舗住所
〒815-0037
福岡県福岡市南区玉川町12-24
フォーレストZERO 1F

macbellネット通販サイトは、こちら。
雑貨ステーション macbell -de`taro代理店-



大きな地図で見る
Search this site
Sponsored Links