macbell 〜アロマ&雑貨ショップ〜

アロマ&雑貨のお店macbell(マクベル)の情報発信と店長chikakoの日常ブログです。
店内には クリニカルアロマ製品や手作り作家さんのコーナーもあります。
(福岡市南区、西鉄大牟田線の高宮駅近く)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 「愛いっぱい・幸せいっぱい」頂きましたぁ〜 | main | 2013.10/8(火)お休み >>
# 九州補完代替医療(講義)2013.10/6(日)
  九州補完代替医療

 10/6(日):5期生講義に参加させて頂きました
 (午前)9:30~12:30/川人紫先生
 
 講義〜
 
 実践的な精油の見分け方・扱い方」
 「高齢者のアロマセラピー・認知症を香りで予防できるか?
 「精油製造の常識を変える新しい抽出方法と農の六次産業としての精油
 
 受講して〜
 
 「実線的な精油の見分け方」では「医療分野での使用に耐えうる精油の条件」
   医療分野で使用できる精油とは何か?
 「有効成分を基準以上含むもの・適切な方法で抽出されたもの・
   論文などで実証されたエビデンスを有するもの」
  (世界の有機認証「ECOCERT(エコサート)」「USDA(略称で米国農務省」)
  ということなどを学ばせて頂きました
 
 「高齢者のケアとアロマセラピー」では「アロマテラピーとは医療か?」
 「統合医療:現代西洋医療・補完代替医療の比較」なぜ統合医療が必要なのか?
 
 日本での統合医療の現状 政府・厚生労働省の見解や
   補完代替医療としてのアロマセラピー(定義と歴史)
 具体的に アロマテラピーの利用法などを学びました
 (アロマ定例会の様子・院内の芳香浴活動・入院患者様へのケアなど)
 
「認知症を香りで予防できるか?」では「認知症を30秒で見分ける方法」
  「認知症の症状・アルツハイマー病早期の症状(予防・改善に可能な香り)」
  そしてさらに「進化した香りが登場」
  最新の研究の結果が近学会でその論文が発表されます
 
アロマセラピーの歴史
 「古代」
 紀元前3000年 エジプトで芳香植物を使用
 980~1037年 イブン・シーナ(アラブ)水蒸気蒸留法の完成
 1601~1700年 ヨーロッパの民衆に「野草誌」が人気となる
 1616~1654年 ニコラス・カルペッパー(イギリス)が
  「植物・浸出油・精油」の区別を明らかにする
 
 「近代」
 1937年 ルネ・モーリス・ガットフォセ(1881~1950)フランス人
 「アロマセラピー」と名付ける(やけどから始まった)
   1961年(オーストラリア人)
 マッサージにて精油の成分を体に吸収させる方法を提唱する 
   1964年 ジャン・バルネ(フランス人)
 軍医として 臨床経験を「植物=芳香療法」出版
   1997年 日本アロマセラピー学会発足(2011年一般社団法人)
 
アロマセラピーイギリスへ渡る(フランス式・イギリス式) 
  
 日本の「アロマセラピー」の歴史
  「アロマセラピーは江戸時代から」(日本における精油製造の歴史)
  江戸時代の「ローズウォーター」世界初の乳がん麻酔治療を行った
 外科医:花岡青洲「傷口の消毒や口腔の処置にローズウォーター」を使用
 
  平賀源内編「ロウザワアトル」
 「物類品隲(ぶつるいひんしつ):薔薇露」の項(1763年発刊)などがある
 
 (シーボルトが日本に精油を持ち込んでいた?治療に用いた精油)
 
まとめ〜
 「アロマセラピー(日本語:芳香療法)」は補完代替医療の一つで
国内外の医療・福祉の現場で応用されている
現代の「アロマセラピー」はフランスから始まりイギリスを経て日本に導入された
 精油(エッセンシャルオイル)の品質の吟味は医療・福祉の現場で導入する際重要である
高齢者のケアの「アロマセラピー」は「QOL」を高める手段として導入されている
 
感想〜
 
日本の「アロマセラピー」の歴史は それ程古くは御座いませんが
世界の中でも一番日本が研究など多くなされており
 学会などでも多くの研究論文が発表されるなど
「日本発の新しい抽出技術が精油を変える」かも知れません
 
「日本人には「馨」への興味が世界の中でも特に深いのかも知れませんね」
  川人紫先生がおっしゃっておられましたが
わたくしもこれからの「アロマセラピー:馨・香り」の
    新しい可能性に益々興味が湧いて「アロマセラピー」のもつ
神秘的な自然の力「パワー」また 人と人との繋がりに期待致します
 
「農林水産業の六次産業化(農の六次産業化としてのアロマテラピー)
 現在進行中の(新しい和精油と地域活性化)プロジェクト
 幾つかあるようでとても楽しみで御座います
 
本当に有意義で素晴らしい講義でもう一度再確認
  「精油・歴史・これからのアロマケアの可能性」など
 「アロマ」を益々好きになりこれからの生活に生かして行きたいと思いました
 
本当に「ありがとうございます感激で御座います
 
 (午後)13:30~17:30/川端真紀子先生
 
  「リンパトレナージュ理論」
 
  リンパとは?(働き) 体内のリンパ(構造) リンパ管と血液
 運動機能を促す体の働き・リンパ(水分嶺)・深部リンパ管系
 むくみの成り立ち・浮腫とリンパ浮腫の違い・
 MLD(マニュアルリンパトレナージュ:効果・禁忌)などについて学びました
 
 「リンパトレナージュ実技」手技
   「ステーショナリーサークル・パンプテクニック・スクープテクニック
   ロータリーテクニック」を学びました
 
 手技も色々あり 体の部分により手技・力の入れ具合をかえてその人に合った
  「リンパトレナージュ」をするのが好ましいのではないかなと思いました
 
とても丁寧に教えて頂きまして新しい発見もありとっても勉強になりました
川端先生「ありがとうございます」(今回でお会いするのは3回目で御座いました)
 
  次回10/20(日)
 「クラフト作り」4種類を5期生の皆様にお伝えすることになり楽しみで御座います
 
 また次回に〜
 
 「幸せいっぱい愛いっぱい」で御座います
   ありがとうございま〜す」
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:43 | category: 九州補完代替医療 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:43 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
macbell店舗案内
店舗名
macbell

店長
chikako
(NPO法人九州補完代替医療協会認定クリニカルアロマスペシャリスト)
(フランス国立ジロンド職業会議所認定福祉アロマセラピスト・福祉美容家)
(AEAJ認定アロマテラピー)
(IBTA認定パワーピアスセラピスト)
(フードアナリスト)
(整理収納アドバイザー)
(環境カオリスタ)
(まつげカールスタイリスト)

店舗住所
〒815-0037
福岡県福岡市南区玉川町12-24
フォーレストZERO 1F

macbellネット通販サイトは、こちら。
雑貨ステーション macbell -de`taro代理店-



大きな地図で見る
Search this site
Sponsored Links