macbell 〜アロマ&雑貨ショップ〜

アロマ&雑貨のお店macbell(マクベル)の情報発信と店長chikakoの日常ブログです。
店内には クリニカルアロマ製品や手作り作家さんのコーナーもあります。
(福岡市南区、西鉄大牟田線の高宮駅近く)
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< NHKスペシャ「高倉健という生き方」 | main | 2014.12/4(木)10:30〜リンパトレナージュ >>
# ネルソン・マンデラ
THE PROFILER
ネルソン・マンデラ
「差別と闘い続けた男」見ました☆彡

ネルソン・マンデラ氏は、南アフリカで初めて民主的に選ばれた大統領である。

世界中から愛された政治家であったマンデラ氏は、言葉で人々に印象を与えた。

彼の言葉は人々に よって引用されており、その中でも有名な言葉のひとつが、1964年のリヴォニア反逆罪裁判の法廷で彼が理念を貫いた演説からの引用だ。その演説で彼はこう言った。

私は白人による支配に反対し、そして黒人による支配にも反対してきました。全ての人々が協調して平等な機会の下で共に暮らしていく、民主的で自由な社会という理想を大切にしています。この理想に人生を捧げて実現を目指すことができれば最も望ましいですが、必要であれば、この理想のために死をもいといません。

アフリカ大陸最南端にある南アフリカ共和国。この国で長く続いていた「非白人」を差別する政策「アパルトヘイト」の反対運動に取り組み、この撤廃を実現、ノーベル平和賞(1993年)を受賞した人こそ、ネルソン・マンデラです。2013年12月5日、世界中から惜しまれつつ95歳で亡くなりました。

「英雄」との呼び声は高く、南アフリカでは「神」と崇める人までもいるといいます。アメリカのオバマ大統領も「20世紀最後の偉大な解放者で、歴史の偉人だった」と、2013年12月の追悼式で語りました。

マンデラ氏は、1918年7月18日、トランスカイ自治区の小さな村、ムヴェゾで生まれました。マンデラ氏の父はムヴェゾの首長を務めており、マンデラ氏は恵まれた環境で教育を受け、名門のフォートヘア大学に進学、法律を学びました。

若くして弁護士として成功を収めますが、やがて「非白人」解放運動に傾倒。当局に追われ地下活動を余儀なくされるようになり、「国家反逆罪」などの罪に問われることになります。家族も当局から様々な弾圧や嫌がらせを受け、マンデラ氏を苦しめます。

その後、マンデラ氏は逮捕され、1964年からなんと約27年もの期間にわたり、牢獄にとらわれました。そのうち18年間をロベン島という離れ小島の刑務所で過ごしています(この島は1999年、世界遺産に登録されました)。

こうした長きにわたる過酷な仕打ちを受けながらも、マンデラ氏のアパルトヘイト(人種隔離・差別制度)撤廃への信念は揺るぎませんでした。獄中でもくじけずに仲間たちと英語や教養などを教えあい、後に「ロベン島大学」と呼ばれるほど向学に努めました。

しかも、マンデラ氏の特筆すべき点は、「報復」「復讐」という気持ちを持つことなく、白人と「非白人」の和解に粘り強く努めたことです。苦しい投獄生活におかれながらも暴力ではなく、お互いの理解と協調を訴え続けました。

1989年、獄中にありながら当時のデクラーク大統領との話し合いが実現。そして90年、71歳の時に釈放。白人政権と交渉を重ね、ついに1991年アパルトヘイトは撤廃されました。そして今から20年前、94年にはマンデラ氏は国民の圧倒的な支持を受けて南アフリカ大統領に選ばれました。ネルソン・マンデラの自伝を映画化した『マンデラ 自由への長い道』(5月24日公開)では、あまり知られていない幼少期から青年期、そして大統領就任までが詳細に描かれています。その後彼は、1期5年間の任期を務め、サッカーワールドカップの招致に携わり、2010年に悲願だったアフリカ大陸での初開催が実現しました。

そして現在、南アフリカは大きく変わりました。しかし政治の面では大きく変わったものの、経済の面ではほとんど変わっていないという指摘もあります。それは白人系の資本による支配的な構造が以前のまま今もなお残されているからです。このため、今だに人種間の格差は大きく、ここを改善できなかったマンデラ氏を「白人社会の操り人形」と非難する声も一部にあるといいます。

それでも、マンデラ氏が掲げた「全人種が平等に暮らせる社会」という理念とその功績は、世界の誰もが認めるところとなっています。「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」(NHK出版)や、これを映画化した『マンデラ 自由への長い道』ではこれらのエピソードとマンデラの意外な一面が描かれていますので、彼の功績を紐解き、これからの国際社会を考えるヒントになるかもしれません。

詳しくは 「ネルソン・マンデラ」検索して下さいませ〜(*^^*)
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:16 | category: chikako |
# スポンサーサイト
| - | - | 02:16 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
macbell店舗案内
店舗名
macbell

店長
chikako
(NPO法人九州補完代替医療協会認定クリニカルアロマスペシャリスト)
(フランス国立ジロンド職業会議所認定福祉アロマセラピスト・福祉美容家)
(AEAJ認定アロマテラピー)
(IBTA認定パワーピアスセラピスト)
(フードアナリスト)
(整理収納アドバイザー)
(環境カオリスタ)
(まつげカールスタイリスト)

店舗住所
〒815-0037
福岡県福岡市南区玉川町12-24
フォーレストZERO 1F

macbellネット通販サイトは、こちら。
雑貨ステーション macbell -de`taro代理店-



大きな地図で見る
Search this site
Sponsored Links